ロゴ
HOME>イチオシ情報>矯正治療で抜歯が必要と言われたら【事前に知っておくべき知識】

矯正治療で抜歯が必要と言われたら【事前に知っておくべき知識】

歯科矯正

抜歯をするメリット

歯の矯正をしたいと歯科医院に行くと、抜歯が必要だと言われるケースもあります。虫歯などによって抜歯をするなら仕方がないと考えることもできますが、大切な歯を治療のために正常な歯を抜くのはしたくないと考える人もいるかもしれません。しかし、矯正の際に歯を抜くことには大きなメリットがあります。矯正は今の歯の位置を少しずつ移動させて歯並びを綺麗にする治療です。しかし状態によっては歯を抜かないと歯の移動ができずに治療がうまくできないケースもあります。抜歯をすることによって歯が移動することが容易になり治療をしやすいというメリットがあります。通常、治療には多くの時間が必要としますが歯を抜くことで短期間で治療ができるというメリットもあるでしょう。大切な歯を守りたいという気持ちはわかりますが、矯正では状況によっては歯を抜くこともあると考えておくことが大切です。

歯科助手

矯正治療で気をつけたいこと

どうしても自分の歯を抜きたくない人は、時間がかかってもいいからそのままの状態で治療したいと考える人もいるのではないでしょうか。しかしそのような治療方法では様々なデメリットもあると考えておきましょう。子供の頃では抜歯をすることなく治療をすることがよくあるのですが、大人になってからの矯正では多くが歯を抜く必要があると考えておきましょう。どうしても歯を抜きたくないと、歯を抜く必要があるのにそのままの状態で矯正してしまうと、スペースもないのに無理やり矯正をするため口元が前に出てしまうことがあります。この状態になると口を上手くて閉じることができなくなり口呼吸が増えることになります。口呼吸が増えると口の中が乾きやすくなって虫歯になりやすくなったり口臭の原因になったりします。歯を削って矯正する方法もありますが、この方法でも十分なスペースを確保できずに良い治療ができないことが多いです。大人になってからの治療では抜歯は仕方がないと考えておきましょう。